肌質別で選ぶ【ピッタリ合うエイジングケア化粧品は?】

アンチエイジングスキンケア

 

肌質は大きく分けると、普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌に分けることができます。エイジングケアを行う場合、この肌質別に合ったケアを行っていくことが肌の悩みを解消していくためには大切です。
このは肌質は、肌の表面の角質層の水分量と皮脂の分泌量を目安に分類されます。自分の肌質を知るためには、いつも通りに洗顔した後、基礎化粧品などをつけずに10分間放置して肌の状態を知ることによって自分の肌の状態が分かるようになります。
肌がつっぱり、皮脂によるテカリが無い場合には乾燥肌、部分的にテカっていたら混合肌となり、つっぱらない状態で全体的にテカリがでたら脂性肌、ほとんどテカらなかったら普通肌で理想的な状態です。
自分の肌質を見極めたらその肌質に合わせてケアをしていきます。水分と皮脂の足りない乾燥肌には、積極的な保湿が必要となるため保湿成分が多く含まれた化粧品などを選択することがおすすめです。しっかり保湿のできる化粧水などを選んだ後は、乳液やクリームで油分を補います。
混合肌には、乾燥が激しい部分には保湿成分と油分を与えます。オイリーな部分に対しては乳液やクリームなどの油分は避けて化粧水だけでケアすることが大切です。
脂性肌は、水分量が一見多く保たれているように見えますが、肌の内側は乾燥していることが多いとされています。また、皮脂が多いと汚れを吸着しやすくニキビなどのトラブルができやすいため、丁寧に洗顔し余分な皮脂を取り除きます。その上で、化粧水を全体に馴染ませて乾燥しがちな目もとと口元にだけ乳液やクリームを塗ることをおすすめします。
肌質は年齢や生活スタイル、食生活などによって変わってきます。効果的なエイジングケアを行うためには肌の状態によってスキンケアを行っていくことが大切です。普段は普通肌なのに、冬になったら乾燥肌、生理前は敏感肌になってしまうことがあるでしょう。気温や体調によって、肌も変化します。その時は、スキンケアを変えて見ましょう。まずは、どのようにお肌の調子が変化するかトライアルセットで試してみましょう。→アンチエイジング化粧品 芸能人使用